言葉が響く 新世代シンガーソングライター

出雲咲乃

強烈な歌詞と頭から離れないメロディーを紡ぎだす
北九州生まれ育ちの新世代シンガーソングライター「出雲咲乃」。
漫画家になるか ミュージシャンになるか迷ったが、ミュージシャンの方が手っとり早そうなので、十六歳の時にギターを購入し制作活動を開始。

半年ほどで納得いく曲が二十曲出来たので、オーディションに応募を開始したところスターダストが実施しているSDRオーディションの審査員の耳にとまる。
サンプラーなしのパソコンだけで作ったとは思えないデモテープと彼女独特の世界観に引き込まれるスタッフが続出。
第1回オーディションの合格者となる。

唯一無二の咲乃ワールドが広がるデモテープを聞いた人から口コミが広がり、BS 朝日のスペシャルドラマ「女優墜ち」の 主題歌に抜擢され2016年4月にヴィレッジヴァンガード下北沢店限定発売の1st シングル 「当流女」でデビュー。
ミュージックビデオが YouTubeで新人としては異例の10万回再生を超えるなど、今一番注目のアーティストだ。